30代OL美容コスメ研究ブログ☆

コスメや美容に敏感な30代OLのブログです。色々試すのが好きなので、試した化粧品や美容サプリメント、アンチエイジングコスメ、アクセサリー、雑貨・小物などレビューしていきます(´ε`*)♪

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
アナタの1クリックが励みになってます

メイク小物

メイクブラシの収納に便利な保護カバー The Brush Guard(ブラッシュガード)

2013/12/29

The Brush Guard(ブラッシュガード)バラエティパック

The Brush Guard(ブラッシュガード)
バラエティ・パック
/通常価格500円 ※割引セール価格450円

 

以前から、メイクブラシのカバーが欲しくてイロイロ探していて、目を付けていたカバーのうちの1つを購入。「The Brush Guard(ブラッシュガード)」です。

Brush Guardはブラシ先端を保護してくれる伸縮製のあるプラスチックネット製のメイクブラシキャップ。

スタンドに立てた際の毛先の広がりを防いだり、洗って乾かす時も毛先を下にして立てておけたりします

アメリカ製のため、海外サイトで購入するしかなかったので躊躇していたのですが、最近日本サイトができて、購入が簡単になったのでそれを機会に買ってみました

 

The Brush Guard は、メイクアップ・ブラシを守る、伸縮性・通気性のあるチューブです。
・乾燥のとき ⇒ 毛が完璧な形で乾燥します
・使うとき ⇒ 柄がきれいに保たれ、感触がよいです
・保存のとき ⇒ ほつれたりつぶれたりしません
・移動のとき ⇒ 完璧にパッキングします

 

現在、日本サイトで買えるのはバラエティパックのみ。限定100パックで割引セール中です。

バラエティパックのセット内容は、
・エクストラ・スモール(XS)[シャドウ/アイライナー/リップ用]:1本 
・スモール(S)[チークブラシ用]:2本
・ミディアム(M)[ファンデーション/フェイス用]:2本
・ラージ(L)[パウダー/フィニッシング用]:1本

 

The Brush Guard(ブラッシュガード)装着状態

筆に装着するとこんな感じです。

筆の柄の後ろの方から毛先に向かってネットを通します。

最初は細すぎてちゃんと入るのか心配でしたが、なんなくすんなり入りました。伸縮性に優れているため、全然問題なし

ブラシを洗った後乾かすときに、どうしても毛を下にするわけにもいかず横に寝かせて乾かすしかなかったのですが、そうするとフェルール(金輪)の中に湿気がたまって筆を痛める原因になってしまいます。

 

The Brush Guard(ブラッシュガード)保管状態

こうやってブラシを下向きにして乾かすことで重力が湿気を取り除き、ネット状になっているので空気を通してくれるため、毛束は完全な形を保ったまま、速く乾かせるとのこと。

実際やってみましたが、保管場所がイマイチだったのか乾くのに時間がかかった気がします…。

メイクブラシはそんなに頻繁に洗うものでもないのでまた1度しか試してないのですが、やり方はちょっと考えてみる必要がありそうです。

値段も安いし、家で使うのには使いやすくていい感じ!

ただし、外出時に持ち歩くとき、固定できるポーチだと問題ないと思うのですが、今私が使っているポーチはブラシを固定する場所がないのでそのまま無造作に入れているのですが、滑りが良いため下にずれて毛先が出ていたり、ネットに挟まって逆毛?になっていたりするので微妙…。

輪ゴムとかでストッパーなどを自作して(これはダサい)下にずれないようにする工夫が必要だわ

そこで、もう1つ気になっている、さくら堂のレースのブラシキャップがあるのですが、持ち歩きにはこちらの方が断然かわいいし、レースの方がプラスチックネットのBrush Guardよりも滑らないんじゃないかなーと思っていて、今度機会があったらこのレースブラッシュキャップも買ってみようかなーと思っています

 

The Brush Guardの購入はコチラから☆

-メイク小物